上履き入れの作り方【その2】

上履き入れの作り方【その2】|ハンドメイド小部屋

上履き入れの作り方【その2】

前回は、裏布・表布が袋状になったところまででした。
Dカン、持ち手をつけ、いよいよ完成です。
あと少し頑張れ。

 

型紙(製図)はこちら

作り方

上履き入れマチ

←クリックで拡大。

 

底を三角に割り、6cmのマチを作ります。
写真のように寸法を取り、赤の点線部分をミシンで縫います。
表布、裏布合わせて4か所縫います。

上履き入れマチ2

マチが縫えたら、縫い代を1cmくらい残して余分なところをカットします。
4か所全てです。

 

余計な縫い代をカットすることで出来上がりがスッキリきれいに仕上がります。

上履き入れ持ち手

←クリックで拡大。
6cm32cmのテープを用意し、6cmのテープにDカンを通し、半分に折り縫いつけます。
持ち手も半分に折り、縫いつけます。
どちらもV字カットの合い印がテープの中心に来るように仮止め縫いします。

上履き入れ重ね

表布と裏布を重ねます。
中表にした表布に外表にした裏布を入れて重ね合わせます。
V字カットでつけた合い印と、脇の縫い目をきちんと合わせ、まち針でとめます。

上履き入れ重ね2

←クリックで拡大。
縫い代1cmで口部分を縫います。
持ち手とDカンが付いたテープのところは返し縫いをして、補強します。

上履き入れ重ね3

縫ったところをアイロンで割ります。

 

管理人は返し口から袖万を突っ込んで、アイロンがけしてます。
ご自分のかけやすいようにアイロンがけを工夫してください。

上履き入れ返し

返し口から表に返します。

 

ここまできたらもう一息。

上履き入れ返し口縫い

返し口を閉じます。

 

一番いいのは手縫いでコの字にかがって縫うときれいに仕上がります。
管理人は面倒なので、返し口を重ねて1mmのギリギリのところをミシンをかけて閉じます。

上履き入れ口処理

裏布を表布の中に入れ込み、丁寧にアイロンがけをします。
表から見て、裏地が見えないように気をつけながらアイロンをかけます。

上履き入れ仕上げステッチ

←クリックで拡大。

 

口部分にコバステッチ(端ミシン)をかけます。
2,3mm位のところを1周ぐるりと縫います。

上履き入れ完成

お疲れ様です。
完成です。

作品販売中

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
無料型紙の利用規約 ハンドメイド作品 日常にっき 作品投稿掲示板 お問い合わせ