上履き入れの作り方

上履き入れの作り方【その1】|ハンドメイド小部屋

上履き入れの作り方【その1】

Dカンに持ち手テープを通すオーソドックスな上履き入れの作り方を紹介します。
見本は小学生用に大きめサイズで作っています。
園児用は、製図の( )内のグレーの数字を参考にしてください。

 

型紙(製図)はこちら

作り方

上履き入れ裁断 製図通り、生地をカットします。
上履き入れ布つなぎ

見本は方向性のある生地を使用している為、表布が半分に2枚に別れています。
製図通り表布を1枚でカットした場合はこの工程は必要ありません。

 

柄の方向を確認しながら表布を縫い合わせます。

上履き入れ布つなぎ2

見本は方向性のある生地を使用している為、表布が半分に2枚に別れています。
製図通り表布を1枚でカットした場合はこの工程は必要ありません。

 

縫った縫い代をアイロンで割ります。

上履き入れ印つけ

←クリックで拡大。
底布の中心に合い印をつけます。
縦を半分におり、輪になっている端をななめに少しだけカットします。
広げるとVの字に印が付きます。

 

上履き入れ印つけ2

←クリックで拡大。

 

同じように、表布にも印をつけます。
さらに、表布と裏布の横も半分にし、同じように合い印を付けておきます。(口の部分です)

上履き入れ底布 底布の上下の縫い代1cmをアイロンでしっかり折り目をつけます。
上履き入れ底布2

←クリックで拡大。

 

表布と底布を平らな所に置き、Vカットで付けておいた合い印同士を合わせ、まち針でとめます。
底布の縫いつけ位置が決まったら先程縫い代を折ったところをまち針でとめます。

この時、表布も底布も上が表側になるように重ねます。

 

上履き入れ底布3

←クリックで拡大。

 

ミシンで底布をコバステッチをかけ、縫いつけます。

上履き入れ脇縫い

表布の脇を縫い代1cmで縫います。
前工程で縫いつけた底布の切り替え部分がずれないように確認しながらまち針で慎重にとめましょう。
側面から見て、切り替え部分がずれるとなんとも残念な作品になってしまいます。

上履き入れ脇縫い2

←クリックで拡大。
裏布の脇を縫い代1cmで縫います。
裏布は左右どちらでもいいので、返し口として12cmくらいあけておくようにしてください。

上履き入れ脇縫い3 表布・裏布共に脇を縫ったら、袋が二つできましたね。
上履き入れ脇アイロン

←クリックで拡大。
脇を縫ったら、表布、裏布ともアイロンで縫い代を割ります。
この時、底布の切り替え部分が大幅にずれていないか確認しましょう。
多少のずれ、ご自身で許せる程度ならスルーしましょうw

作品販売中

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
無料型紙の利用規約 ハンドメイド作品 日常にっき 作品投稿掲示板 お問い合わせ