ミニトートバッグの作り方【その2】

ミニトートバッグの作り方【その2】|ハンドメイド小部屋

ミニトートバッグの作り方【その2】

持ち手テープを縫いつけたら、だいたい完成図が想像できます。
どんなミニトートバッグが完成するかなぁ。

型紙(製図)はこちら

作り方

ミニトートバッグ持ち手3 ←クリックで拡大。底布は上下を1cmずつ折っておき、仮止めクリップで留めておきます。

あらかじめ付けておいた、表布と底布の中心線の合い印同士を合わせ、位置を決めたら仮止めクリップで動かないよう固定します。
底布の端から0.2〜0.4cmくらいのところを縫い、ステッチを入れます。

ミニトートバッグ袋 表布を中表にして、半分に折り両横を縫い、袋状にします。縫い代は1cmです。
ミニトートバッグまち ←クリックで拡大。

12cmのマチを作ります。
図のように表布の底の左右を三角に折り、長さを計って仮止めクリップで留めておきます。
真ん中に一本縫い代側にまち針でずれないように留めておきます。

ミニトートバッグまち2 ずれないよう気を付けながらミシンで縫います。

マチを縫い代1cm残し、端はカットします。
反対側も同じように12cmのマチを作り、縫い代1cm残してカットしておきます。

ミニトートバッグ内ポケット 内ポケットを作っていきます。

まず、ポケットの底を縫い代0.5cmアイロンでしっかり折ります。
次に左右を同じように縫い代0.5cmアイロンで折ります。

ミニトートバッグ裏地

←クリックで拡大。
内ポケットを裏地に縫いつけます。
裏地の上から5cmの左右は真ん中のところにポケットを縫いつけます。

作品販売中

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
無料型紙の利用規約 ハンドメイド作品 日常にっき 作品投稿掲示板 お問い合わせ