体操服袋・お着替え袋の作り方【その2】

体操服袋・お着替え袋の作り方【その2】|ハンドメイド小部屋

体操服袋・お着替え袋の作り方【その2】

その1ではマチの処理までをやりました。
表に返したらもうすぐ完成です。

 

型紙(製図)はこちら

作り方

体操服袋脇割り

表に返す前に両脇をアイロンで割っておきます。
縫ったら割る。
を心掛けるときれいな仕上がりになります。

体操服表返し 返し口から表に返します。
体操服表返し2

裏地を表布に入れ込みます。
袋の口(紐を通すところ)をアイロンで押さえ、落ち着かせます。

体操服紐通し縫い

←クリックで拡大。

 

紐を通しを縫います。
上から2cmのところをぐるりと一周縫います。

体操服返し口とじ

返し口を閉じます。
手縫いでコの字閉じていくときれいな仕上がりになります。
管理人は面倒なのでいつも重ね合わせて端から1mmのところ、ギリギリをミシンで一緒に縫い合わせて閉じてしまいます。
お好みで、手縫いでも、ミシンでも。

体操服袋完成

紐を両方から通して、完成です。
紐は【横幅×4+40cm】の長さが必要です。
半分に切り、左右それぞれの紐通し口から通し、折り返して通し先を結びます。

作品販売中

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
無料型紙の利用規約 ハンドメイド作品 日常にっき 作品投稿掲示板 お問い合わせ