立体マスクの作り方と無料型紙

立体マスクの作り方【その1】|ハンドメイド小部屋(無料型紙ダウンロード)

立体マスクの無料型紙と作り方【その1】

一見、立体マスクは難しそうに見えますが、ヒダを作るタイプのマスクよりもずっと簡単です。
そして、平面マスクよりも、よりフィットします。

 

型紙はこちら

作り方

立体マスク型紙

型紙を印刷します。

 

印刷後、必ず右上の定規の10cmが正しいか確認しましょう。

立体マスク生地

型紙に記載されている枚数分準備します。
表布はコットンやリネン(麻)、ダブルガーゼ等がいいと思います。
中布、裏布(肌側の生地)はガーゼがお勧めです。生地の厚さ、好みの厚さで枚数を調整してください。
見本では全てダブルガーゼを使用していますので、出来上がりは3枚重ねのようで、実はガーゼの6枚重ねの仕上がりとなります。
3重、4重ガーゼの生地の場合、中布無しで作っていいと思います。

立体マスクしるしつけ

←クリックで拡大。
目打ちで型紙の出来上がり線に印用の穴をあけます。
生地に重ねて、鉛筆などで穴に印をつけていきます。
面倒でも、全ての生地にちょこっと印をつけておきましょう。

立体マスクカット

←クリックで拡大。
中心部分は縫い代何枚も重なって分厚くなってしまいます。出来上がりもきれいに仕上がりません。
それを防ぐ為、中布の縫い代をちょっとカットしてやります。
カーブの上下は出来上がり線よりも内側をカットしてしまいますが、中布で隠れるので心配いりません。

立体マスク重ね

←クリックで拡大。
写真のように中布と裏布を重ねます。
間違えないように。

立体マスク中心

先ほど重ねた中布と裏布を印をあわせてずれないように気をつけながらカーブのところをミシンで縫います。
表布も中表に重ねてカーブのところをミシンで縫います。

 

立体マスク中心ひらき アイロンで縫い代を割っておきます。
立体マスク飾り

立体マスクに装飾をする場合、ここでしておきます。
見本ではナチュラル色のレースを縫い付けてみました。

作品販売中

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
無料型紙の利用規約 ハンドメイド作品 日常にっき 作品投稿掲示板 お問い合わせ