レッスンバッグの作り方【その2】

レッスンバッグの作り方【その2】|ハンドメイド小部屋

レッスンバッグの作り方【その2】

前回は表布に底布を付けたところまで紹介しました。
小さい子はバッグをよく引きずりますが、底布で補強することにより、破れにくくなります。
是非とも、デザインのポイントとして底布を付けて強化してあげてください。

 

型紙(製図)はこちら

作り方

レッスンバッグポケット1

ポケットを作っていきます。
まず、上のポケット口部分を1cmアイロンで折ります。

レッスンバッグポケット2 先ほど1cm折ったところから、さらに2cm折り、三つ折りにします。
レッスンバッグポケット3

←クリックで拡大。

 

まず、三つ折りしたポケット口を縫い、そのあと左右と下の縫い代をジグザグミシンか、ロックミシンでかがり縫いをしておきます。

レッスンバッグポケット4

縫い代をアイロンで折ります。

 

まず、ポケットの底(下)横の部分から縫い代1cmアイロンで折ります。
次に左右の縦の部分をアイロンで1cm折ります。

レッスンバッグポケット5

←クリックで拡大。

 

裏布の上から10cmのところに、付けておいた中心のV字カットの合い印とポケットの中心が来るように置き、まち針でとめます。

レッスンバッグポケット6

←クリックで拡大。

 

ポケット口は補強の為、三角に縫います。
いずれの場合も返し縫いは絶対です。

 

レッスンバッグ持ち手

←クリックで拡大。

 

持ち手テープを仮縫いします。
37cmにカットした持ち手テープを2本用意し、付けておいた印が持ち手の内側になるように置き、ミシンで端から0.5cmのところを仮縫いでとめておきます。

レッスンバッグ袋縫い

表布を中表に半分に折り、両脇を縫って袋状にします。
縫い代は1cmです。

 

底布の切り替え部分がずれないようまち針でしっかり留めてから縫いましょう。

レッスンバッグ裏布袋縫い

←クリックで拡大。

 

裏布をも表布と同じように縫いますが、返し口を12cmくらいあけて縫います。
こちらも縫い代は1cmです。

レッスンバッグ縫い代割

表布、裏布共に、両脇の縫い代はアイロンで割っておきます。

袖万(そでまん)があれば便利できれいにアイロンが掛けられますが、ない場合はタオルなどを丸めて入れ込んでアイロンをかけたり、あるいは平らに置いて、片側だけでもアイロンで割っておくときれいな仕上がりになります。

作品販売中

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
無料型紙の利用規約 ハンドメイド作品 日常にっき 作品投稿掲示板 お問い合わせ