レッスンバッグの作り方【その1】

レッスンバッグの作り方【その1】|ハンドメイド小部屋

レッスンバッグの作り方【その1】

裏地付きのレッスンバッグの基本的な作り方です。
サイズ変更は『(横の出来上がりの長さ+縫い代2cm+マチ)×(縦の出来上がりの長さ×2+縫い代2ccm+マチ)』で計算してください。
最近はレッスンバッグなどに便利な両耳プリントの生地もあるので、底の切り替えなしで生地のデザインを活かすようにしてもいいと思います。

 

型紙(製図)はこちら

作り方

レッスンバッグ裁断 製図通り裁断します。
レッスンバッグ表布つなぎ

見本は方向性のある生地を使用している為、表布が半分に2枚に別れています。製図通り表布を1枚でカットした場合はこの工程は必要ありません。

 

柄の方向を確認しながら表布を縫い合わせます。
アイロンで縫い代を割っておきます。

レッスンバッグ合い印

←クリックで拡大。

 

合い印を付けます。
表布の横を半分に折り、わのところを少し斜めにカットしてV字の合い印を付けます。
同じように縦の中心にも合い印を付けます。

レッスンバッグ合い印2

←クリックで拡大。

 

底布の縦中心、裏布の横中心にそれぞれおなじように半分に折って少しだけ斜めにカットしてV字の合い印を付けます。

レッスンバッグ持ち手位置

←クリックで拡大。

 

表布の横中心から左右7cmのところにチャコや鉛筆で印をつけます。
それが持ち手の付け位置になります。印が内側になります。

レッスンバッグ底布

底布の上下(横)の1cmの縫い代をアイロンでしっかり折ります。

 

写真のようにアイロン定規を使って縫い代を折ると便利ですが、厚紙に1cmの線を描いて代用してもokです。

レッスンバッグ底布2

表布の縦中心と底布の縦中心の合い印を合わせて、まち針でとめます。
表布も底布も共に表を上にします。
必ず、平らな所に置き、底布の位置を安定させましょう。

 

レッスンバッグ底布3

←クリックで拡大。

 

底布をコバステッチをかけて縫いつけます。
端から2,3mmのところを縫います。

レッスンバッグかざり

アップリケや刺繍をする場合はこの時にしておきましょう。

 

ネームラベルなど、アイロンで接着できるものは後からでもokです。

作品販売中

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
無料型紙の利用規約 ハンドメイド作品 日常にっき 作品投稿掲示板 お問い合わせ