巾着袋(入園・入学)の作り方【その1】

巾着袋の作り方【その1】|ハンドメイド小部屋

巾着袋の作り方【その1】

入園・入学グッズとして巾着袋って何度も作りますよね。
ここでは裏地なし、マチなし、両縛りの基本の巾着袋の作り方を紹介いたします。

サンプルは方向性のある生地を使っているので、真ん中でカットし、2枚に別れています。
ランダムにプリントされた生地の場合はその必要はありません。製図の通りにカットして下さい。

 

型紙(製図)はこちら

作り方

巾着カット

製図通りに布をカットします。

 

写真のサンプルは方向性のある生地を使っているので、縫い代をさらに2cmプラスして、真ん中でカットしています。

巾着つなぎ

製図通りに1枚でカットした場合この工程は必要ありません。

 

柄の方向を確認しながら底を縫い合わせます。
縫い代はジグザグミシンなどで始末します。

 

 

巾着縫い代倒し

製図通りに1枚でカットした場合この工程は必要ありません。

 

縫い代はアイロンでどちらかお好きな方に倒しておきます。

巾着口折り1

布の裏側を上、縦長に置いて、上を1cmアイロンで折ります。
同じように下も1cmアイロンで折っておきます。

 

厚紙に1cmの線を引いたもの、あるいは写真のアイロン定規を使うと便利です。

 

巾着口折り2

←クリックで拡大。

 

1cm折ったまま、両端の縫い代の始末をジグザグミシンか、ロックミシンでします。

巾着脇縫い

*写真撮り忘れ(・∀・;)

 

中表に半分に折り、縫い代1cmで両脇を縫います。
上から7cmのところが縫いどまりです
必ず返し縫いをしましょう。

巾着脇縫い

←クリックで拡大。

 

脇を縫ったら写真のように上の7cmのところも一緒に縫い代をアイロンで割っておきます。

巾着口処理1

←クリックで拡大。

 

空き口の処理をします。
写真のように端から7mmのところをコの字に縫い、縫いどまりのところは返し縫いをして強化しておきます。

巾着口処理2

←クリックで拡大。

 

表から見るとこのようになっています。

 

作品販売中

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
無料型紙の利用規約 ハンドメイド作品 日常にっき 作品投稿掲示板 お問い合わせ