3DSポーチの型紙無料と作り方【その2】

3DSポーチの作り方【その2】|ハンドメイド小部屋(無料型紙ダウンロード)

3DSポーチの無料型紙と作り方【その2】

前回はふたの作成までを記事にしました。
続きです。

型紙はこちら

作り方

持ち手

←クリックで拡大。

 

2cm幅でアイロンをかけた持ち手の両端から2mmのところにコバステッチ(端ミシン)をかけます。
半分に折り、写真のように端から5mmのところを仮縫いしておきます。

ソフト入れ

ソフト入れを作ります。

 

はじめに、アイロンで三つ折りしておいた上の部分を縫います。

 

次に左右と下の切りっぱなしの縫い代にジグザグミシンをかけておきます。

ソフト入れ2

縫い代の始末をしたソフト入れの左右と下の部分を端から5mmのところをアイロンで折ります。

 

写真の用に5mmのところに線を引いた厚紙を作っておくと三つ折りをするときなどに便利です。

ソフト入れ3

裏布の上から2.5cmのところにまず1枚縫いつけます。
その際、ミシンで縫うのは下の赤い点線部分だけです。

 

ソフト入れ4

←クリックで拡大。
先ほど縫いつけたソフト入れから2cm下にもう一つを縫いつけます。
写真のように1回で仕切りもミシンで縫いつけてしまいます。
縫い始めと終わりは返し縫いをしてください。

本体

本体を縫います。

 

表布、裏布共に半分に折り、端から1cmのところをミシンで縫います。
もちろん、縫い始めと終わりは返し縫いをしてください。

本体2

←クリックで拡大。

 

キルティングを縫うとき、写真のように目打ちを使って、縫い代をしっかりと折り、押さえるときれいな仕上がりになります。

本体3

←クリックで拡大。

 

アイロンで両端を割り、角を△に畳み、マチガちょうど3cmになるところに印をつけて底を縫います。
反対側も同じように。
表布も同様にしてください。

本体4

←クリックで拡大。

 

ごたつくので余分な縫い代はカットしておきます。

 

縫い代を5mmにカットします。

 

表布、裏布共に両端を処理しておきます。

本体5 表布、裏布共に縫って出来上がったのがコレです、

 

作品販売中

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
無料型紙の利用規約 ハンドメイド作品 日常にっき 作品投稿掲示板 お問い合わせ